○○法人イメージ

〝特徴がない〟のが特徴?!
子どもたちの笑顔と 笑い声に囲まれる毎日

子どもたちが楽しむことを
優先させた臨機応変な保育スタイル

埼玉高速鉄道鳩ケ谷駅から徒歩10分。静かな住宅街にあるこちらは開園から3年目を迎えたばかりの新しい園で、園舎はとってもキレイ。園庭には自慢の大きなすべり台の遊具があり、子どもたちにも大人気だそうです。近所の子どもが「あの公園で遊びたい」というくらい、ちょっと目を引くカラフルで楽しそうな遊具です。

みずほ育伸会の保育理念は「子どもひとりひとりの個性と主体性を重んじ、その限りない可能性を引き出す援助を行う」こと。コロナ禍に開園したので、まだ実行できていないものもありますが、春には親子レクリエーション、夏には七夕集会、夏祭り、秋には芋ほりや、ハロウィン、サッカー大会、冬にはもちつき、豆まき、お別れ遠足と年間を通してイベントも盛りだくさんです

園長先生にこちらの園の特徴をうかがうと「特徴がないのがうちの特徴なんです」と笑顔で話してくれました。その理由は「その時の子どもにあった保育、接し方をするのが大切だと考えています。年によって、時期によって子どもは変わってくるので、上手にその子たちに合わせた保育をしてください、と先生方には伝えています」と教えてくれました

取材日は乳児クラスと幼児クラスが2つにわかれて異年齢保育をしていたのですが「これも今日の出席人数だったり、3月でみんなが落ち着ているからできることです。いつも異年齢保育をしているわけではなく、臨機応変に子どもたちの様子を見ながら興味や成長につながるような保育を実践しています」と話してくれました。

 

子どもの笑い声が響く園内
温かく優しい雰囲気で包み込む。

ここで働こうと決めた理由を保育歴2年、現在2歳児クラスの担当する長尾茉奈さんにうかがいました。こちらの園への就職を機に福島から埼玉に引っ越してきたという彼女は、就活生時代、みずほ保育園を見学して「この雰囲気が好きだな、ここで働きたい」と思ったそうです。

「当時は福島に住んでいたので、1日にまとめて園訪問をしたいと考えていました。ここへ見学に来た日も、事前にもうひとつの園を見に行ってたんです。で、思っていたのと違ったなとちょっと落ち込んで、さらに大雨も降っていて、だんだん暗い気持ちになりながら、みずほ保育園に向かいました(笑)」。

ところが、みずほ保育園に到着すると園児の笑い声が響いていて、雰囲気がすごくいいと感じだそう。すぐに園長先生が「寒かったでしょ?びしょ濡れじゃない」とタオルと着替えを貸してくれて、お試しで入ったクラスも子どもたちが本当に楽しそうにしていて「ホッとしました。優しいな。暖かいなと思ったんです」。

その後は「新卒で、できたばかりの園に配属されたので1年目は不安でいっぱいでした。私はなかなか感情を外に出せないタイプなので、そのたびに園長先生をはじめ先輩の先生方が気づいて声を掛けてくれて、とてもありがたかったです。いま担当しているクラスは去年から持ち上がりなので、子どもたちとの信頼関係もできて、毎日、忙しいけど充実した日々を送っています」と話してくれました。

 

人間関係、社宅制度
安心して働ける職場環境も魅力

中学生の時の職場体験で行った幼稚園の先生から「あなたは保育士に向いていると思う」と言われたことをきっかけに保育士を目指したという長尾さん。「ここでは自分の好きなことをやらせてもらっています。私は学生時代に園庭の研究をしていたのですが、ここの園庭が好きで、食育で子どもたちと野菜を育てたいと言ったらすぐに実現させてくれました」。周りの先生の協力体制も整っていて、「みんなが得意なことや、やりたいことをできる環境にある」と話してくれました。

主任の江鳩先生(写真右)は長尾さんを「明るくニコニコしていて、子どもたちのために何かしてあげたいという気持ちが強い先生です。上手くいかないことがあってもその度に原因を考え、次に活かすために改善できるところもいい」と評価していました。先生同士の風通しもよく、意見を言いやすい、協力し合える職場環境のようです。

また、長尾さんが県外への就職をするにあたって、「もうひとつの決め手だったといってもいい」と話してくれたのは、グループ独自の社宅制度。「上限はありますが1割負担で、自分の好きなお家に住めるので、とてもありがたいです。そのぶん、インテリアにこだわたっり、趣味やリフレッシュにお金を使ったりできています」。最近はジム通いが趣味で、仕事が終わった後に、プールや温泉、サウナを満喫しているそう。仕事もプライベートも充実した楽しい毎日を過ごしている様子が伝わってきました。

自分のコアを決めて探せば、
働きたい園がきっと見つかる

学生時代の長尾さんにとって地元の保育園で働くか、県外に出るかを決めるのは大きな決断だったそう。でも「もし同じように悩んでいる学生さんがいたら、自分の保育の幅を広げるためにも県外に出た方がいいよと伝えたい」と話してくれました。地元を離れる決断には、ここで働きたいと思える園との出会いが重要。「就職活動中は〝子どもたちが楽しんでいて笑顔が多い園で働く〟と決めて、保育園を訪問していました。自分のコアがはっきりしていたので、思っていたより探しやすかったです。おまけに素敵な園庭と社宅もついてきたと思って、毎日、楽しくお仕事しています」と明るい笑顔で話してくれました。

 

※撮影時はマスクを外していただきました。

保育士

長尾茉奈さん
福島県出身 22歳 2年目 法人歴2年目

法人名
社会福祉法人みずほ育伸会
勤務地
みずほ保育園大宮天沼(さいたま市大宮区)
みずほ保育園与野新中里(さいたま市中央区)
みずほ保育園浦和北口(さいたま市浦和区)
みずほ保育園東仲町(さいたま市浦和区)
みずほ保育園川口里(川口市)
みずほ保育園上尾富士見(上尾市)
みずほ保育園大宮大成(さいたま市北区)
募集職種
保育士
雇用形態
正社員
給与
【基本給】225,000円〜(手当含む)
【賞与】年2回(H30年度実績 年4.0 ヶ月)
【昇給】年1回
【交通費】全額支給
待遇・福利厚生
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金、退職金制度(福祉医療機構退職金+埼玉県社会福祉事業共助会退職共済金)、社宅制度、埼玉県社会福祉事業共助会加入
勤務時間
平日 7:00~19:30/土曜 7:00~18:30
(※勤務時間は開所時間により異なります)

実働8時間(ローテーション勤務)、週休2日制
休日休暇
日曜・祝日、年末年始、その他
応募資格
保育士資格
求める人物像
思いやりの気持ちを持って日々最善を目指して行動できる方

この園の働きかた

  • 児童ひとりひとりに目を向ける
  • プライベートを大事に
  • イベントを楽しむ
募集期間
2022/4/01~2023/3/31
採用予定人数
(1) 2名
(2) 2~3名
選考プロセス
まずは下記「問い合わせ・応募する」ボタンよりご連絡ください。
次のページで入力した内容にて選考のうえご連絡いたします。
応募書類受付 ※受付期間 2022年11月30日(火)まで

・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
法人HP
https://mizuho-ikushinkai.com/
この園に興味がある

同じ働き方の保育園はこちら